「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして利ざやを生む商取引です。ヘアメディカル 無料カウンセリング

売買の注文の価格は常時上がったり下がったりします。ハウスメーカー

それが為替レートです。スキンケア

インターネットを見ていると、通貨の情報が流れる時があります。ビフィーナ

よく見かけるのが、「本のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。体温を上げて免疫力向上させるサプリメント・漢方薬

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。引越し3月末.pw

言い換えると、売り買いには買値と売値の両方の価格が存在します。ディズニー英語 料金

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現しているFX業者もあります。ミュゼを予約する時に気をつけたいこと

一般的に売値の方が小さく設定されています。アンボーテ

自分が買値は高く、売値は安くなっています。

自分が買値は高く、売値は安くなっています。

この差をスプレッドといい、FX取引会社の収益のひとつといわれています。

スプレッド幅はFX会社によって異なります。

スプレッドの幅は投資家にとって経費になるので、狭い取引業者をセレクトするほうが儲けられます。

ただし、同じ会社でも局面によってはスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

もしも普段はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さであっても為替の上下がかなり大きい場面では1銭よりも大きくなったりします。

そういう訳で、スプレッドが狭いのと同じく変化が少ないということが重要です。

最近では決まったスプレッドの広さを示す取引会社もいくつも存在しています。

現実に業者の注文画面でリアルなマーケットを見なければ判断できないので億劫ですが重要な事です。

多額のお金を投じて取引をするのですから実際の取引の前に、気になるFX会社の新規取引口座開設をいくつもして、スプレッドを点検しましょう。

同じペアでもその時点のマーケットの条件によって、通貨のスプレッド幅は異なります。

通常、銀行間取引で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが小さく別の通貨ではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.abt-ladbualuang.org All Rights Reserved.