何の影響も与えないと考える投資家もいるだろうが

実際にノートPCのディスプレイの前で、つねに上がったり下がったりしている市場をご覧になっていると、どことなくトレードをしなくてはいられないという思いが沸き起こる状況も少なくありません。美容

しかしながら、漠然とした衝動で売買することは、絶対に避けてほしい。http://darinaclown.blogspot.jp/

ご覧の通り、相場は昼夜を問わず、常時いずれかの外国為替相場が関いているし市場も動いています。ビフィーナ

しかしながら、何度も注文を積み重ねるとその回数分だけ損失が生じる可能性が高くなります。秘密の通学電車

当たり前ですが、取引の数を重ねることによって、少しずつ利益を上げられる確率が50%、50%になっていきます。ラポマイン購入体験してみました

でも「なんとなく思いつきでエントリー」してしまうこととは別の問題です。施工後トラブル 保障 賠償保険

売り買いの回数を増やす意味というのは、自分自身が「ここは!」と考え付いた機会を得られた状態でのトレード回数を重ねるという事を言っています。亜麻仁油 アトピー

ただ、連続してトレードを繰り返すのとは明確に違う。

為替相場の戦いに敗北しないためには自分が主体的にけじめをつけることこそが大切です。

「ここがチャンス」と感じた相場の時には覚悟を決めて所持ポジションを積み増して集中して利益を追い求めます。

「少し難解な為替相場で、どう動くのか理解できないな」と思った時は思い切って保持ポジションをすべて閉じて静観します。

それくらいのメリハリをつける方が最後には注文は勝利します。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったく言葉どおりだと感じます。

相場とは常にポジションを所持する事が大事ではなく、何も保有せず静観していることも状況によっては取引です。

そうであるならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、直近の外国為替市場が曖昧で良く見えない時です。

今後どちらにいくのか判断できない時は何も考えず行動すると、自分自身で思い描いた物語とは違った方向に相場が変動してしまい、損をする事になります。

そのため、こういう状況ではポジションを整理して、何もせずに見ているだけがいいだろう。

もうひとつの場面は、あなたの健康状態が変なときです。

体の具合と外国為替相場に何の影響も与えないと考える投資家もいるだろうが。

現実には案外つながりがあります。

体の状態が思わしくなければ、マーケットの大事なところで落ち着いた決定が出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時は、相場から離れる事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.abt-ladbualuang.org All Rights Reserved.