www.abt-ladbualuang.org

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを得る取引です。取引の価格は二十四時間変動しています。それが為替です。インターネットでニュースをみていると、通貨の為替相場のニュースが流れる時があります。よくあるのが「本日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表示しています。売買には買値と売値の両方の値段があるという事です。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX業者もあったりします。一般的に売値が買値よりも低くなっています。現実に買値は高く、売値は安くなるものです。この差をスプレッドといい取引会社の収益といわれています。スプレッドの広さはFX取引会社によって変わります。スプレッドは投資家にとって支出となるので、低い取引業者を選んだほうが有益です。ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。仮に通常は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、マーケットの上げ下げがかなり大きい場合には大きくなったりします。なので、スプレッドの幅が狭いのと同様に変化が少ないのが肝心です。近頃では固定したスプレッドの幅を示す取引会社も数多くあります。リアルに取引業者のトレード画面の中で本当の為替相場を確かめなければ見分けられないのですが肝心な事です。大事な資金を賭けてトレードするわけですから本物の売買の前に、心惹かれた取引会社の新規口座開設を全てして、表示されているスプレッドを知っておきましょう。同じ通貨の組合せその場面での相場の変動率によって、通貨のスプレッドは異なる場合があります。普通は、インターバンクで取引高が多いペアではスプレッドの広さが狭く、他の通貨ペアではスプレッドの広さが大きくなる事が多いです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.abt-ladbualuang.org All Rights Reserved.