www.abt-ladbualuang.org

実際にパソコンの。画面の前に座り変化しているマーケットを眺めていると、何やらトレードをしなければいけないという欲求に影響される方も多いと思います。だけど、不明瞭な考えでエントリーするのは断じてしてはいけません。事実、外国為替相場は24時間、いつでもいずれかの外国為替相場は変動しているし、マーケットもいつでも、上がったり下がったりします。しかし、闇雲にエントリーを積み重ねると、それだけで損失が生じる可能性が増します。無論、売り買いの回数を重ねることによって、稼げる確率が50%、50%になっていくのは事実です。でもこの事実は「ぼんやりとした直感で売買」とは話が違います。注文回数を重ねるとは自分で「ここは勝てる」と思いついた感覚を持った場合の売買回数を積み重ねるという意味です。理由がなく、ひっきりなしに取引をするのとは明らかに違う。為替相場の勝負に臨むには白分で意識してメリハリをつけることこそが不可欠です。「ここがチャンス」とよく考えた相場の時にはポジションを買い増して、意識して利益を狙います。「少し難しい市場で、どう上げ下げするのか予想できないな」と感じたならば潔く持っているポジションをひとつ残さずクローズして静観します。そのくらいのけじめをつけた方が最終的に注文は勝利します。マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りだと思います。外国為替相場とはいつでも売買ポジションを所有する事が全部ではなくポジションを所有せず何もしないことも場面によっては必要です。それでは、どのタイミングで休めばよいのだろうか。第1に言われるのが前に述べたように、現在の市場が曖昧で良く見えない時です。そこから上がるのか下がるのか見通せない時は分からないまま行動すると、自分の考えたストーリーとは逆の方向に相場が変動してしまい、損する事になってしまいます。そのため、そうした状況ではポジションを整理して、何もしないで様子をみるのがいいと思います。2番目に、コンディションがすぐれない時。体の具合と相場に関係しないと感じる方もいるだろうが。影響します。体調がすぐれなければ為替相場の重要な局面で、正しい決断を下すことが難しくなります。気分が乗らない時は、外国為替相場から離れてみるのも大事な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.abt-ladbualuang.org All Rights Reserved.