www.abt-ladbualuang.org

現実にPCの画面の前でリアルタイムで上下している為替レートを見ると直ちに売買をしなければいけないという欲求が生まれる場面も少なくないと思います。でも、あやふやな勘でエントリーすることだけは絶対に避けてほしい。知っての通り、為替相場は終日どういう時でもいずれかの国の為替相場は動いているし市場も休みなく上がったり下がったりします。しかし、だからといって何度も売買を積み重ねると、その回数だけ損をする危険が増します。当たり前ですが、売り買いの回数を経験することによってじょじょに儲けられる可能性が五分五分になるのは事実。しかしこの事実は「漠然とした思いつきで取引」とは別問題です。トレード回数を増やす意味というのは、自ら「ここがチャンス」と思いついた確信を得た場面での注文回数を増やすという意味である。ただ何となく、次々と売買をするのとははっきりと違います。為替相場の駆け引きに敗北しないためには自分がよく考えてメリハリをつけることが肝心です。「ここで勝負」と思ったマーケットの時には、思い切って所有ポジションを多くして意識して利益を狙います。「だいぶ悩ましい市場で、どう上げ下げするのか読めないな」と感じたならば、観念して所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしない。このくらいのメリハリがあったほうか、最後には注文はうまくいくものだ。市場の格言には「休むも相場」というものがある。文字通りその通りです。外国為替相場とはいつでもポジションを所持する事が肝心な事ではなく、何も持たないでじっとしていることも場面によっては、相場なのである。それならば、どういう時に、休みどきなのでしょうか。第1に言われるのが先に述べたように、現在の相場展開が曖昧で見通しがきかない時です現状からどちらにいくのか決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、あなたの考えたストーリーとは違った方向に外国為替市場が推移してしまい損する事になってしまいます。そのため、そういう時はポジションを整理して、そのままの状態で見ているだけがいいだろう。ふたつめは、自分の体調がよくない時です。健康状態と為替相場に関係がない思う人もいると思いますが実際には案外つながりがあります。コンディションがあまりよくなければ外国為替相場の大事なところで、冷静な判断を下すことが出来ない場合が多くなります。やる気がわかない時はFXから離れる事も必要な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.abt-ladbualuang.org All Rights Reserved.